ワーキングホリデーのための英語はスマホ留学で身につく?

スマホ留学

スマホ留学無料動画を見る

ワーキングホリデーのためにスマホ留学を始める人は多いらしい

英語を話したいと思うときはどんなときですか? また、英語が聞き取れたらどんなに楽だろうと思うこともあるでしょう。昔に比べると英語が苦手と言いながら英語に関心を持つ方が増えてきました。ワーキングホリデーで海外を飛び回る日本人が多いのもその影響でしょう。そんな人たちの間でひそかにブームになっているのが英語教材のスマホ留学です。

スマホ留学の開発者「塩原祥之」さんっていったい何者?

スマホ留学の開発者である塩原さんは、ニューヨーク在住の日本人の間でも名前が知られれている有名人です。現地で日本人向けに発行されている週間NY生活という新聞で取り上げられたほどですから、その知名度は抜群です。英語の本場でこれほど知名度が高いのですから日本での知名度ももちろん、英語教育界で塩原さんを知らない人はいないと言われています。

なぜ現地の日本人向け新聞に掲載されたのか、そのきっかけになったのがオンライン教室です。塩原さんは日本だけでなくニューヨーク在住の日本人向けにマーケティングの戦略に関する講座も開催しているのです。塩原さんは自身が得意とする英語の分野でその能力を存分に発揮しています。

スマホ留学が多くの日本人に親しまれている理由

少しでも効率よく英語を身に着けたいなら、英語の学習を学習と思わないことが大事だと言うのがスマホ留学の考えのひとつでもあります。無料メルマガで紹介されている無料動画を視聴すればこの言葉の理由がすぐにわかるはずです。本当に英語教材の動画なのかと思うほど楽しく、ノリがよく、英語の苦手意識が吹き飛んでしまうほどです。

無料動画を見終えると、英語初心者の自分でも英語が話せるようになるという期待に胸が膨らみますし、なにより、英語学習が「勉強しなければいけない」という強い意識を持たずに学べることが大きな特徴かもしれません。英語を話せるようになりたいかなりたくないか、英語を聞き取れるようになりたいかなりたくないか、この二択で「はい」ならスマホ留学で効率よく英語を学ぶことをおすすめします。

スマホ留学無料動画を見る

ワーキングホリデーにおすすめスマホ留学はセミナーも開催している

スマホ留学は定期的にセミナーを開催しています。このセミナーが常に人気で、場合によってはすぐに定員が満員になって参加できないこともあるほどです。例えば、2018年に東京で開催されたセミナーでは、セミナーの告知が一斉に送信されてからおよそ10分過ぎには定員が満員になったとのお知らせが届いたといいます。今回は参加しようかどうしようか迷っている間に満員になるのですから驚きです。

しかも、スマホ留学のセミナーの面白いところはドレスコードがあることです。ドレスコードと言っても難しいものではありません。このときのセミナーでは「イエロー」がドレスコードだったので、黄色いものなら何を身に着けてもOKなのです。もちろんスーツやドレスといったかしこまった装いで出向く必要はありません。Tシャツやポロシャツ、ブラウスなどでも十分です。

このセミナーで講義をするのが塩原さんです。動画を見ても分かるように、塩原さんのトーク力の虜になっている生徒さんたちは多く、このときの東京会場は塩原さんお一人でお話する形式で進んだため、塩原さん独壇場となりました。そのときのセミナーによってスマホ留学の生徒さん限定のときもありますし、生徒ではないけれど塩原さんに興味のある方などが参加できるときもあります。皆さんすでにスマホ留学の無料動画を見ている方ばかりなので、塩原さんの話を生で聞きたくて参加していると言います。この講義を受けてスマホ留学を申し込んだという方も多いのです。

英語講師としての確かな実力を持ちながら、関西弁で軽快にトークを進めていく様子は本当に英語講師なのか、もしかしたらお笑い芸人なのではと錯覚するほどです。スマホ留学がモットーとして掲げている「勉強しなければいけない意識をなくすこと」に徹底しています。

塩原さんが常にセミナーで伝えていることがあります。それは「教科書通りの正しい英語を必ず覚える必要はなく、お互いに意思の疎通ができて目的が達成させる意識を持つことだ大事」ということです。英語を難なく聞き取って話せる塩原さんの言葉だからこそ重みがあり、しかも軽快なトークに乗せて伝えてくるので誰もが前向きな気持ちで英語学習に向き合うことができます。

塩原さんがなぜここまで英語教育に熱心なのかというと、根底に「英語を話せないことで夢を諦める人をゼロにしたい」という思いがあるからなのです。ユニークでありながら熱い思いを抱き続ける塩原さん開発のスマホ留学が、年齢や性別関係なく幅広い人たちの間で親しまれている理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

コメント